最幸ハウス(さいこうハウス・サイコーハウス)|三重県津市のローコスト住宅・新築住宅・注文住宅

イベント情報
モデルハウス見学会

【第一回】お家作りの疑問・建蔽率と容積率|2018年12月7日

こんにちは、中島です。

お家作りが進むうえで疑問に思うことが

出てきますよね…なかなかすべてを完璧に理解されている

方は少ないと思います。

皆様のお役にたてる事を願い、参考になればとスタッフブログで

少しずつ色々な事をご紹介させていただきます。

 

今回は… 

「建蔽率」(けんぺいりつ)と「容積率」(ようせきりつ)

について解説していきます。

 

土地面積の何割に建築することができるか が建ぺい率です。

つまり、その土地のどのくらいを建物に使えるかということです。

例えば… 230㎡(約69坪)の土地に対して、

建ぺい率が60%だとします。

つまり230㎡の土地面積のうち、60%の138㎡(約41坪)

建物が建てられるという事です。

 

はじめて知る方は驚きますよね(笑)

「せっかく60坪の広い土地なのに41坪までしか使えないの!?」と…

 

そこでセットに考えるべきことが

容積率です。

建物の延べ床面積(2階建てなら1階と2階の合計床面積)が容積率です。

つまり、230㎡の土地面積に対して容積率が100%なら、

延べ床面積は230㎡までという事です。

 

結果、230㎡(約69坪)の土地に建蔽率60%と容積率100%をセットで

二階建てのお家を建てると考えると…

使える土地の広さの限度が138㎡(41坪)に対して

一階二階の合計面積は230㎡(69坪)までという事です。

なので限界マックスでお家を建てるとして

ざっくり考えますと、床面積が一階は115㎡(約34坪)、二階も115㎡(約34坪)までの

お家が建てられます。かなり大きいお家になりますが(笑)

ざっくりと考えるとこの様になります!

 

少しおわかりになれましたか?

わたくしの下手な説明ですが、これで

お家を建てたいとお考えの方のお役に少しでも

立てたらいいなぁと思います(*v*)!

 

では、次回もぜひチェックしてください(^^)!!

 

 

 

 

最幸ハウス(さいこうハウス・サイコーハウス)|三重県津市のローコスト住宅・新築住宅・注文住宅
予約特典あり!イベント予約